基本知識を学ぼう

腰が痛い!腰痛が起きている原因とメカニズムとは?

腰が痛い!腰痛が起きている原因とメカニズムとは?

毎日悩まされたり突然悩まされたりする腰痛ですが、腰の痛さは一体どこから起きているのでしょうか?

腰痛というと遺伝的にもなり得る症状ですが、生活習慣やちょっとした動作からも腰痛を悪化させる原因になり得ます。

筋トレをしたら腰が痛くなってしまう可能性もあり、筋肉の動きが腰痛に関わっていることがわかりますね。

この記事では、腰痛の原因とメカニズムについて解説しています。腰痛が起きる要因を見つけることは、日頃の生活で気をつけるポイントを見つけることにも繋がります。

腰痛の主な症状

腰痛と一言で言っても、人によって痛み方が違えば、痛さを感じる度合いも異なってきます。

腰痛は、痛みが軽いものでも腰からお尻にかけて重さを感じる人もいれば、1日中腰が痛いという人もいます。

他にも、疲れた時だけ腰が痛く感じられたり、足から腰にかけて痺れるような痛さを感じたり、寝ている時でも腰や骨盤周りの緊張が取れない人など様々です。

また、軽い痛みが毎日続いているのか、急に歩けないほどの痛みが現れたのかという、慢性的・急性的な違いもあります。

腰痛の種類

腰痛の種類

腰痛の種類には、長い間腰の痛みが続いている慢性腰痛症と急激に痛みが発生した急性腰痛症が存在します。ここでは、それぞれの腰痛症の特徴を紹介させて頂いております。

慢性腰痛症

慢性腰痛症とは、重労働や長時間同じ姿勢での作業を毎日続けていることから、慢性的に腰が痛む症状のことを言います。激しい腰の痛みは感じにくいものの、長期間にかけて腰の痛みや重みを感じます。主に、仕事や家事、生活の仕方など生活習慣に関わる要因から起きる腰痛ですが、肉離れや腰の炎症を起こした後完治していない場合にも起こり得る病気です。

急性腰痛症

急性腰痛症とは、慢性腰痛症と反対に急激に重い痛みを感じやすい腰痛のことを言います。重いものを持ち上げた時や激しい運動をした時など、腰がピキッと鳴ったと思ったら辛い痛みを伴うタイプの腰痛です。痛みや腰が固まってしまうため、その場から歩けなくなってしまうこともあります。

生活習慣から起きる腰痛の原因

生活習慣から起きる腰痛の原因

ここでは、日頃の習慣から起きる腰痛の原因について紹介しています。

腰痛は主に、血行の流れが悪くなったり腰の筋肉が固まったりすることから起きています。

長時間同じ姿勢で過ごしていることも、血行の流れを悪くし腰の筋肉を硬直させやすくする原因です。

長時間デスクワークの作業が続けば、血液を体全体に流す筋肉ポンプの動きが鈍くなりますので、血液の流れも悪くなります。

反対に、立ち仕事が続いていると筋肉を使いすぎていることにより、疲労から筋肉の硬直が起きるようになります。

猫背や足を組んだりするなど、腰に負担をかけやすい姿勢を長時間続けてしまうことも、更に腰痛を悪化させる原因です。

また、重い荷物を運んだり急激な運動を行うことで、急激な腰の痛みを引き起こしやすくなりますが、運動不足や柔軟性不足も腰痛を起こす要因です。

足腰の筋肉に柔軟性がないと、筋肉がスムーズに伸びたり縮んだりすることができなくなります。

そうなれば肉離れを起こす可能性もありますし、股関節が柔軟に動かないことで腰部に負担がかかってしまうこともあるのです。

急性・慢性腰痛症のメカニズム

生活習慣の悪さや急激な運動から、腰痛は起こります。

ここではその腰痛が起きるときのメカニズムを解説させて頂きます。

急性

重い物を運ぼうとするときや激しい運動をするとき、腰の筋肉は伸びたり縮んだりすることで一つの動作を完了させます。

しかし、急激に筋肉が引っ張られようとすると、体を守るために筋肉は縮まる動きを取ってしまうのです。

急に縮こまる動きをとると、急激な痛みを感じたり腰が動かなくなったりします。

引っ張られるために縮こまろうとする負担が大きいほど、筋肉は収縮したまま戻りづらくなります。

慢性

正しい姿勢を保つことできている場合、背中から腰にかけて存在する脊椎は綺麗なS字を描くような形をしています。

しかし、日頃の生活スタイルや仕事での姿勢が綺麗に保てていなければ、脊椎のバランスも崩れてしまいます。

脊椎が適切なS字を描けていないと、腰やお尻に負担がかかる原因となってしまうのです。

同時に、血行の流れが悪くなり酸素量が減ってくると「ブラジキニン」という危険状態を知らせてくれる物質が現れ、腰痛を起こしたりもします。

腰痛の原因を知ることで腰痛の予防に繋げてみよう!

腰痛は、同じ姿勢を長時間続けていたり、体を過剰に動かしたりすることで引き起こることがわかりましたね。

腰痛の予防に努めるなら、日頃の生活スタイルや仕事中の姿勢を見直してみると良いでしょう。

また、運動を始める時は簡単な動きから始めたり、腰に負担をかけそうな荷物は他の人に運んでもらうなどの対策を取ることも重要です。

簡単な運動やストレッチを無理せず行うことで、腰痛の予防を行ってみませんか?この記事が腰の痛みの原因を知るきっかけになったのであれば幸いです。

【デスクワーク効率化】肩こり腰痛解決にオススメのグッズ10選肩こり・腰痛が解消するグッズを紹介しています。肩こりや腰痛が続くと、デスクワークの効率が落ちてしまいます。グッズをうまく使ってケアしていきましょう。...